視力回復する方法や手段を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
専門医から「乱視ですね」って言われると、なんか悪い病気でもかかっているかのような気分になりますよね。でも安心してください。100人中99人が乱視があるのです。要は乱視がひどいかひどくないかで「乱視ですね」って言われるんですね。


このページでは乱視の視力回復についてお話ししていますので、乱視に悩んでいる方にはぜひ見ていただきたいページです。


視力回復は乱視の場合、症状による個別の対処法が必要になります。そもそも、乱視とは水晶体や角膜が歪んでしまい、見ているものが網膜に届くまでに乱れるという屈折異常のことです。乱視になると、ものがぼやけたり、だぶってみえたりしますよね。


乱視のない人が丸いボールを見たら丸いボールに見える。当たり前ですよね。しかし、乱視の人が丸いボールを見るとラグビーボールのような形になってしまっているため、縦横の焦点が合わずに、ものがちゃんとみえなくなるのです。


乱視にもいろいろな種類があり、乱視と一緒に近視や遠視を併発していることが多いので、その人の症状に合った対処法が必要です。乱視の程度が軽ければ、メガネを使用することもできますが、あまりにも強い乱視だと、メガネでは矯正しきれません。


コンタクトレンズの方が、強い乱視にも対応しているので、乱視矯正用のコンタクトレンズも作られています。現在、乱視の視力回復に最も有効な手段だといわれているのが、エキシマレーザーでの角膜屈折矯正手術、レーシックです。屈折度数に制限があるため、全ての乱視の視力回復ができるわけではありません。他にも、カスタムレーシック手術で視力回復するという方法もあります。


レーシックなどで乱視矯正手術をしても、多少の乱視が残ってしまったり、乱視が再発してしまうこともあるようですから、思い切った乱視治療をする前に、ちゃんとした説明を受けましょう。乱視の視力回復したいからといって、あまりに安い病院などで乱視治療を受けると、とりかえしのつかないことになる可能性もありますので少しくらい高い病院でも、口コミや評判の良い病院を選ぶことをオススメします。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。