視力回復する方法や手段を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回視力回復トレーニングを紹介しましたが、視力回復トレーニングでも効果がなかった、または毎日トレーニングするのが面倒だという方でも視力回復の方法はまだあります。それは視力回復コンタクトです。何それ?本当に回復するの?と思われている方には非常に参考になると思います。ぜひご覧下さい。


視力回復コンタクトは、6時間から8時間ほど付けて装着して寝るだけで、近視や乱視を矯正できるという、画期的なコンタクトです。視力回復コンタクトは、アメリカで30年以上の実績がある視力回復法で、オルソケラトロジーとも呼ばれています。


就寝時に、特殊な高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着することで、角膜の形状を矯正するという仕組みです。視力回復コンタクトの最大の魅力は、手術の必要がなく、起きているときは裸眼でいられることでしょう。


視力回復コンタクトは、特に子供に効果的だと考えられています。子供は視力が安定していませんから、大人より効果がでやすいのです。もちろん、大人でも視力回復コンタクトを使うことができます。視力回復コンタクトは、メガネやコンタクトが手放せない人にとっては、理想的な視力回復法なのですが、デメリットもあります。


デメリットとしては強度の近視や乱視の人、ドライアイの人、アレルギー体質の人などは使用できないこと。また、視力回復コンタクトは、健康保険の適用外なので、今のところ、10万円~20万円とかなり高額になっています。


アメリカでは、この視力回復コンタクトを100万人以上が使っているので、日本でも早く健康保険適用になってほしいですね。ちなみに、視力回復コンタクトは、装着期間が長くなると、一日の装着時間が短くても矯正効果が持続するようになるそうです。


その反面、視力回復コンタクトを装着しなくなると、視力は徐々に戻ってしまうということもあります。視力回復手術が怖いという人には、ぜひ、視力回復コンタクトをオススメしたいです。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。