視力回復する方法や手段を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
街を歩いていて気付いたのですが、ひと昔前に比べるとメガネをかけている人が多くなりました。テレビやゲーム、パソコンの普及に伴い、日本人の視力は、どんどん低下していっているといわれています。特に子供の視力低下が深刻となっています。


平成18年度に文部科学省が発表した調査では、視力が1.0未満の子供が、小学生では3割近く、中学生では5割以上にのぼっているそうです。視力低下の原因は、長時間のパソコンの使用やテレビ、ゲームなどの影響、ストレス、野菜不足やカロリーの摂りす ぎなどがあげられるでしょう。


特に、子供の頃から長い時間ゲームをしていたり、パソコンを使っていると、視力が低下する可能性が非常に高くなってしまいます。小型ゲーム機や携帯電話なども、日本人の視力低下の原因のひとつかもしれません。


日本人は視力が悪くなると、メガネをかけたり、コンタクトレンズを使えばいいと簡単に考えがちですが、強度の近視は網膜剥離などの合併症を生じる危険もあるのです。一度、視力が悪くなると、どんどん低下していってしまいますし、特別な努力をしない限りは、視力の回復はありえません。


あまりにも視力が低下してしまった場合には、メガネやコンタクトレンズを使う以外の方法を検討する必要があるでしょう。


日本では、視力が低 下していると取れない資格や就けない職業もあります。メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が一定の基準に達していればいい場合もありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれません。


競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要です。日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けていると、パイロットになることができません。


将来子供にこういった職業に就かせたいと思っているのであれば、親が視力低下の原因となるものをなるべく排除してあげる必要があります。子供の将来を考えて視力を大事にしましょう。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。